ebay輸出の3つのメリット その2

前回のその1の続きの

 

  • 即金性

 

についてのお話です。

 

amazon輸出の場合、入金サイクルが14日に一度しかありません。

 

これは国内のamazonでも同じですね。

 

楽天とかになるともっと入金サイクルが遅くなります。

 

入金サイクルが遅いと資金繰りが悪化しますよね。

 

資金繰りが悪化すると在庫の現金化を急いで安い値段で販売したり赤字で販売なんてことにもなりかねません。

 

最悪は黒字倒産なんてことも・・・

 

資金が余ってるような状況なら問題は無いですがなかなかそうは行かないですよね。

 

ebayの場合、初期のうちはPaypalの21日間資金保留があります。

 

販売当初はセラーとしての実績がないため売上が21日間Paypalに保留されます。

21日経てば資金保留が解除されるので自分の口座に資金を移すことができます。

 

これじゃ資金繰りも悪化しますよね。

 

でも大丈夫です。初期のうちだけなんですよ資金保留があるのは。

 

例外でebayのアカウントが悪化すると資金保留があったりしますがそれ以外は大丈夫です。

 

Paypalの21日間資金保留が解除されるには

 

  • 初めての販売から90日が経過している
  • アメリカのバイヤーとの販売取引が25回以上ある

 

この2点をクリアしていれば解除されます。

 

Paypalの資金保留が解除されれば支払いを受けたらすぐに資金を移動できます。

 

Paypalで出金処理をしてから2~3日で自分の口座に振り込まれます。

 

こうなると資金繰りもかなり良くなり

 

入金された資金で仕入れて売ってまた仕入れて売って

 

この繰り返しが短いスパンでできます。

 

短いスパンでこのサイクルを繰り返すことによって在庫回転率も上がって少ない資金でも大きな利益を狙いやすくなります。

 

 

その3へ・・・

コメントを残す

CAPTCHA