ebay輸出の3つのデメリット

ebay輸出にはamazon輸出と比較すると3つのデメリットがあります。

 

1 商品出荷

2 出品

3 写真

 

1の「商品出荷」

 

これはamazonの場合は「FBA」というサービスが有りamazonの倉庫にまとめて商品を送ると

お客さんに出荷してくれるサービスがあります。

 

ebayの場合は今のところこのようなサービスはありません。

 

ebay自体は「FBA」のようなサービスを行っていませんが他の所で同じようなサービスがあります。

 

発送代行業者ですね。

 

または、発送をパートさんに任せる方法もあります。

 

どちらもコストは掛かってしまいますが自分の時間は短縮できます。

 

どちらかの方法を使うと商品出荷はデメリットではなくなりますね。

 

2の「出品」

 

出品はamazonと比較するとかなり手間がかかります。

 

amazonの場合はカタログに追加するだけなので割りと簡単に出品できてしまいます。

 

ebayの場合はカタログ自体を1から作っていく感じになります。

 

出品が少ないときは特に気にならないのですが大量に出品するときは結構大変です。

 

ebayのサイトで出品すると1つづつ写真をアップロードしたりするので時間も掛かってしまいます。

 

面倒ですよね(笑)

 

ここで「ツール」出番です。

 

ケイジは「File Exchange」を使って出品しています。

 

このツールはebayが用意してくれた出品や価格変更などをCSVファイルで一括でできるツールです。

 

 

このツールとエクセルを組み合わせて使うと出品時間はかなり削減できます。

 

 

3の「写真」

 

amazonではカタログに写真があるので新規カタログを作る以外では写真を用意する必要はありません。

 

ebayでは写真は必要です。

 

1の「商品出荷」の時と同じですが

 

外注化したりパートさんを雇うことで自分がやらなくても平気になります。

 

「まだ商品の数が少なくて外注化やパートさんを雇う資金がない場合は?」

 

この場合は自分で撮影しなくては行けません。

 

当たり前ですね(笑)

 

そんなときは一番簡単な方法があります・・・

 

「撮影が大変な商品は売らない」

 

簡単ですね(笑)

 

初めのうちはそんな感じで問題ないです。

 

利益が増えてきたら外注化やパートさんを雇えばいいですからね。

コメントを残す

CAPTCHA